2010年7月23日金曜日

NFSの設定備忘録

【環境】
・NFS サーバー上の公開したいディレクトリ
/share/nfs1
/share/nfs2


・nfsサーバ
server : 191.168.1.1


・nfsクライアント
client1  :192.168.1.2
client2  :192.168.1.3





【NFSサーバー側の設定】
◆ どのディレクトリを、どのクライアントに、どの権限で提供するかの設定
% cp /etc/exports /etc/exports.yyyymmd
% vi /etc/exports
/share/nfs1 192.168.1.2(rw,sync,no_wdelay,no_root_squash) 192.168.1.3(rw,sync,no_wdelay,no_root_squash)
/share/nfs2 192.168.1.2(rw,sync,no_wdelay,no_root_squash) 192.168.1.3(rw,sync,no_wdelay,no_root_squash)



◆ NFSのインスタンスの数とポートの設定
% cp /etc/sysconfig/nfs /etc/sysconfig/nfs.yyyymmdd
% vi /etc/sysconfig/nfs

# instance number
RPCNFSDCOUNT=32

# rpc.mountd
MOUNTD_PORT=2050

# rpc.statd
STATD_PORT=2051
STATD_OUTGOING_PORT=2052

# lockd
LOCKD_TCPPORT=2053
LOCKD_UDPPORT=2053

# rpc.rquotad
RQUOTAD_PORT=2054



◆ サービスの起動
portmap サービスを起動する
% /etc/init.d/portmap start

nfslockのサービスを起動する
% /etc/init.d/nfslock start

nfsのサービスを起動する
% /etc/init.d/nfs start



◆ 起動確認
% ps aux | fgrep portmap
% ps aux | fgrep nfsd
% ps aux | fgrep rpc.mountd
% ps aux | fgrep rpc.statd
% ps aux | fgrep lockd
% ps aux | fgrep rpc.rquotad

% rpcinfo -p localhost



◆ 自動起動設定
% chkconfig portmap on
% chkconfig nfslock on
% chkconfig nfs on
% chkconfig --list





【NFSクライアント側の設定】
◆ portmap サービスの起動
portmap サービスを起動する
% /etc/init.d/portmap start

起動確認
% ps ax | grep portmap 

自動起動設定
% chkconfig portmap on



◆ 手動でマウントさせる
% mount -t nfs -o rsize=1024,wsize=1024 192.168.1.1:/share/nfs1 /share/nfs1
% mount -t nfs -o rsize=1024,wsize=1024 192.168.1.1:/share/nfs2 /share/nfs2



◆ 起動時にマウントさせる設定
/etc/fstabを編集する。
% cp /etc/fstab /etc/fstab.yyyymmdd
% vi /etc/fstab
192.168.1.1:/share/nfs1 /share/nfs1 nfs rw,sync,hard,intr,rsize=1024,wsize=1024 0 0
192.168.1.1:/share/nfs2 /share/nfs2 nfs rw,sync,hard,intr,rsize=1024,wsize=1024 0 0

※ rsize、wsizeの値はシステムごとに要検討

0 件のコメント:

コメントを投稿