2010年3月18日木曜日

1つのbondingに2つのIPアドレス

1つのbondingに2つIPアドレスを設定する方法を記載する。


◆ 条件
・ NICはeth0とeth1の2つ

・ bondingに2つのIPアドレスを持たせる



◆ 設定
% cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=none
ONBOOT=yes
MASTER=bond0
SLAVE=yes
USERCTL=no
HWADDR=xx:xx:xx:xx:xx:xx

$ cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1
DEVICE=eth1
BOOTPROTO=none
ONBOOT=yes
MASTER=bond0
SLAVE=yes
USERCTL=no
HWADDR=yy:yy:yy:yy:yy:yy
実NICをeth0:0などのように仮想Interface化する必要はない。


% cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0
DEVICE=bond0
IPADDR=192.168.1.1
NETMASK=255.255.255.0
BOOTPROTO=none
ONBOOT=yes
USERCTL=no

% cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0:0
DEVICE=bond0:0
IPADDR=192.168.1.2
NETMASK=255.255.255.0
BOOTPROTO=none
ONBOOT=yes
USERCTL=no

% cat /etc/modprobe.conf
alias eth0 e1000
alias eth1 e1000

alias bond0 bonding ← 仮想化したbond0:0へのエイリアスは不要である

options bonding miimon=100 mode=0 updelay=5000

alias net-pf-10 off
alias ipv6 off

modprobe内で指定しているキーは、環境に合わせて変更する必要がある。

ボンディングの方式に関してはこちらを参照してほしい。

ボンディングの切り替わりなどのログは/var/log/messagesに記録される。

0 件のコメント:

コメントを投稿