2010年5月10日月曜日

CISCO Switch port-channetにvlanを追加する際の注意点

CISCO Switch port-channetにvlanを追加する際の注意点



ポートチャネルにvlanを追加する場合、
先に論理的なインターフェースであるポートチャネルに追加するvlanを入れ、
その後、ポートチャネルを組む物理インターフェースの設定を入れること。

逆の手順にするとポートチャネルが無効になり、
既存のvlanのトラフィックがさばけなくなる。



構成
SW1とSW2があり、Port22とPort23でポートチャネルを組んでいる。
ポートチャネルはvlan10のトラフィックが流れている。

今回は該当のポートチャネルに新規にvlan20を追加する

 --------  Po 1       --------
|SW1     |  Gi 0/22  |SW2     |
|        |  Gi 0/23  |        |
 --------             --------
          vlan10(+vlan20)



正常な手順
細かい設定は気にしなくてよい。あくまで設定例である。
大事なのは、手順(1)→(2)→(3)、この流れである。

(1) インターフェースに追加するvlanを追加
int vlan20
 description to VLAN_20
 ip address *.*.*.1 255.255.255.240
 no ip redirects
 no ip proxy-arp
 standby ip *.*.*.3
 standby priority 255
 standby preempt
 standby track GigabitEthernet0/28 200
 shut


(2) ポートチャネルへのvlanの追加 ←こちらが先
interface Port-channel1
 description HOGE_SW1 [Po1 2GEC]
 switchport trunk encapsulation dot1q
 switchport trunk allowed vlan 10,20
 switchport mode trunk


(3) 物理インターフェースへのvlanの追加 ←こちらが後
interface GigabitEthernet0/22
 description HOGE_SW1 [0/22]
 switchport trunk encapsulation dot1q
 switchport trunk allowed vlan 10,20
 switchport mode trunk
 speed 1000
 duplex full
 no cdp enable
 channel-group 1 mode desirable

interface GigabitEthernet0/23
 description HOGE_SW2 [0/23]
 switchport trunk encapsulation dot1q
 switchport trunk allowed vlan 10,20
 switchport mode trunk
 speed 1000
 duplex full
 no cdp enable
 channel-group 1 mode desirable



ポートチャネルが飛ぶ(無効になる)手順
上記手順を(1)→(3)→(2)の流れで行う。


論理インターフェースであるポートチャネルの設定を先に、
物理インタフェースの設定を後に行うこと。
順序を逆にして実施してはぜったいにならない。



0 件のコメント:

コメントを投稿