2010年7月22日木曜日

HP クラスタソフト ServiceGuard 備忘録



◆ クラスタの状態の確認
# cmviewcl
CLUSTER           STATUS
package1   up

  NODE           STATUS       STATE
  node1          up           running
    PACKAGE        STATUS        STATE         AUTO_RUN     NODE
    package1       up            running       enabled      node1

  NODE           STATUS       STATE
  node2          up           running
    PACKAGE        STATUS        STATE         AUTO_RUN     NODE
    package2       up            running       enabled      node2


"AUTO_RUN"が有効でないと、自動でフェールオーバ/フェールバックはしない。
フェールオーバ後は基本disableになる。自動でフェールバックはさせないためである。

このパラメータの"enable"と"disable"の切り替えは
"自動でのフェールオーバ/フェールバックを有効化" 手順を参照のこと。



"-v"をつけると詳細を表示する。
# cmviewcl -v
※一部抜粋
  NODE           STATUS       STATE
  node1          up           running

    PACKAGE        STATUS        STATE         AUTO_RUN     NODE
    package1       up            running       enabled      node1

      Node_Switching_Parameters:
      NODE_TYPE    STATUS       SWITCHING    NAME
      Primary      up           enabled      node1 (current)
      Alternate    up           enabled      node2


  NODE           STATUS       STATE
  node1          up           running

    PACKAGE        STATUS        STATE         AUTO_RUN     NODE
    package1       up            running       enabled      node1

      Node_Switching_Parameters:
      NODE_TYPE    STATUS       SWITCHING    NAME
      Primary      up           enabled      node2 (current)
      Alternate    up           enabled      node1


"-v"をつけないと見れない重要なステータスが存在する。
"SWITCHING" ステータスである。ここが有効でないと、クラスタはパッケージを起動できない。
このパラメータの"enable"と"disable"の切り替えは"パッケージの起動可能設定"手順を参照のこと。



◆ 自動でのフェールオーバ/フェールバック有効化設定
# cmmodpkg -v -e パッケージ名
"-v"は結果の詳細表示用オプションである。以下全て同様。

例) ※cmviewclの結果名を利用する
# cmmodpkg -v -e package1



◆ パッケージの起動可能設定
# cmmodpkg -v -e パッケージ名 -n ノード名

例)
# cmmodpkg -v -e package1 -n node1



◆ パッケージの停止
# cmhaltpkg -v パッケージ名 -n ノード名
"-n" を指定しない場合ログインしているホストでパッケージが停止する

例)
# cmhaltpkg -v package1 -n node1



◆ パッケージの起動
# cmrunpkg -v package1 -n node1
※"-n" を指定しない場合ログインしているホストでパッケージが起動する

例)
# cmrunpkg -v package1 -n node1



◆ クラスタの停止
・両系停止する
# cmhaltcl -v
全パッケージを停止しないとクラスタは停止できない

・片系停止する
# cmhaltnode -v
対象ノードで動作しているパッケージを停止しないとクラスタは停止できない



◆ クラスタの起動
・両系起動する
# cmruncl -v


・片系起動する
# cmrunnode -v



◆ ログ
クラスタ関連
/var/log/messages

パッケージ関連
/usr/local/cmcluster/log/
設定次第であるが基本はこのあたり。

0 件のコメント:

コメントを投稿