2012年6月26日火曜日

DELLサーバの故障、障害時に利用するコマンド備忘録


DELLサーバでの故障、障害時に利用するコマンドをメモしておく。
(参考)
HP系サーバの操作コマンド
HPのSW類操作コマンド
CISCO系サーバ操作コマンド



サーバの正常性確認
# omreport system esmlog

# omreport system alertlog

# omreport chassis

# omreport storage controller controller=X

※「X」部分については以下のコマンドで確認可能である。
# omreport storage controller
Controllers
ID    : 0


サーバがハングしたり、ダウンした場合はコマンドを実行できない。
その場合は、iDRAC(Integrated Dell Remote Access)を使うことになるだろう。
iDRACはブラウザからサーバ経由で
システムのリモート管理を行う機能を提供してくれる。
ブラウザからiDRAC用に設定したIPアドレスを指定するだけである。

https://X.X.X.X/

接続できない場合は以下の設定を確認すること。



iDRAC(Integrated Dell Remote Access)の設定の確認と変更
● iDRACの有効性の確認
# omreport chassis remoteaccess config=additional
IPv4 Properties
 : IPv4
 : Enabled

IPv6 Properties
 : IPv6
 : Disabled


● ネットワーク情報の確認
# omreport chassis remoteaccess config=nic
IPv4 Address
IP Address Source : Static
IP Address        : 10.0.0.1
Subnet Mask       : 255.255.255.0
Gateway Address   : 10.0.0.253



● ネットワーク構成の変更
# omconfig chassis remoteaccess config=additional ipv4=enabled | disabled

# omconfig chassis remoteaccess config=nic ipsource=static ipaddress=X.X.X.X

# omconfig chassis remoteaccess config=nic ipsource=static subnet=X.X.X.X

# omconfig chassis remoteaccess config=nic ipsource=static gateway=X.X.X.X



● ログインユーザの確認
# omreport chassis remoteaccess config=user
User ID                    : 0
State                      : Enabled
User Name                  : root

上記でEnabledとなっているIDが既に設定済みのユーザとなる。
User NameがiDRACへのログインIDとなる。


● ログインユーザ、パスワードの変更
# omconfig chassis remoteaccess config=user id=(上記で確認したID入力) enable=true | false

# omconfig chassis remoteaccess config=user id=(上記で確認したID入力) name=(新しいログインユーザ名)

# omconfig chassis remoteaccess config=user id=(上記で確認したID入力) newpw=(新しいパスワード) confirmnewpw=(新しいパスワードの確認)


● iDRACのリセット
# racadm racreset
(約1分後回復)



0 件のコメント:

コメントを投稿